適応障害と上手に生きていく|安定した心をコントロール

症状の特徴と改善のしかた

先生

環境の変化に多い症状

適応障害とは、あるストレスが原因となっていることだけに精神的な不安定さがあらわれてくる症状のことです。原因以外の他のことに関しては、精神的に不安定になるようなことはありません。実に症状がはっきりしているので、明確な原因が分かっているだけでも他の精神疾患とは大きな違いがあります。適応障害の特徴として、その原因となっていることから遠ざかれば、早い期間で症状が良くなってくるようになります。例えば、苦手な人に会わなかったりその場所に行かなければ、心の不安もなくなり落ち着きが戻ってくるのです。この適応障害があらわれるよくある原因としては、環境の変化です。環境の変化は、入学や就職当初が多く、新しい環境に馴染めずに次第に強い不安を感じてくるようになります。おおげさに心配してしまったり、イライラや悲観的な感情があらわれ、物に八つ当たりするような行動も見られてきます。こういった原因から、適応障害は環境の変化が多い時期となる春に症状があらわれてしまう人が集中します。それまでの環境が一変してしまうことは、何かしらストレスとなってしまうので、適応障害に悩む人は少なくありません。しかし、ストレスの感じ方が人によって違うように、ストレスに敏感な人がこのような適応障害に陥りやすいと見られています。適応障害を改善していくには、その原因から遠ざかれば問題ありませんが、そう簡単にいかないことも多いです。変化を受け入れるためにも、専門病院で治療を受けていくことが本人のためにも最適な方法です。

長期間症状が続けば要注意

適応障害が多くあらわれてくる春は、症状によっては登校拒否や出社拒否になってしまう人も珍しくはありません。そのきっかけが休みが続く連休となってしまう場合が多く、5月の連休以降から姿を見せない、または休みがちな癖がついてしまいがちです。これを五月病と世間では呼ばれていますが、これも適応障害に当たる症状です。そのため、春は適応障害には要注意の時期となり、これを乗り越えなければ症状も次第に悪化してしまいます。適応障害が長引けば、うつ病になってしまうことも多くあるので見逃すことのできない症状なのです。適応障害は、特定のストレスを感じて1ヶ月以内に症状があらわれてきます。そして、ストレスとなる原因を取り除けば、半年以内で症状が良くなってくる傾向にあります。こういったことから、うつ病との違いは、原因となっていることから離れていても、心の不安定な状態はすぐには良くならないことです。適応障害が長く続いてしまうと、うつ病を発症してしまう確率が高くなります。これを避けるには、専門病院で治療していくことが大切です。専門病院ではこういった適応障害にも力を入れ、患者に無理のない治療で取り組まれています。治療では、薬による心の安定を目指したり、カウンセリングでストレスに強くなれるアドバイスなどが行われます。場合によっては原因を取り除くことが一番いい方法なので、患者と相談しながら状況を少し変えていくことも1つの方法となります。

心の症状に正しい理解を

病院

適応障害は種々のストレスが原因となって発症する病気のひとつです。しかし、自分の得意なことや好きなことには問題なく取り組めることがあるので、周囲から自己中心的だと誤解されることがあります。適応障害はうつ病等とは全く違ったタイプの病気だということを、周りの人々も正しく理解することが大切です。

原因を取り除けば完治可能

病院

適応障害は特定の状況や出来事が大きなストレスとなってしまったが故に発症してしまう精神疾患です。症状はうつ病と類似していますが、うつ病とは異なり、ストレスの要因さえ取り除けば治癒できるという特徴があります。適応障害の治療には根本治療と対症療法があり、発症初期は両方を併用するケースが少なくありません。

ストレスが原因の障害

悩み

適応障害は、社会生活上のストレスを通常よりも強く受けてしまうことによって、精神的にダメージを受け社会生活を送るのが困難になるというものです。ストレスとなる要因は様々あるので、治療や周りのサポートを通してストレス耐性を身に着けることが必要です。

環境の変化で発症する病気

悩み

適応障害は、ストレスに対処できなくなることで発症する心の病気です。症状も原因も、うつ病と非常によく似ています。違いは、ストレスのかからないことならうまくできるということです。適応障害の患者にはまじめな完全主義者が多いので、心理療法を受けるなどして自分の心の持ち方を見直してみることが役立ちます。